変わりゆく葬儀のかたち 

一口に葬儀といってもその種類は様々です。まず一般的なものとしては、親類や友人、会社の知人など、生前に付き合いのあった方々が参列する一般葬がありますが、昨今は核家族化や近所づきあいの減少から、より身近な人間だけで行う家族葬の人気が高まっています。また宗教的な儀式などを省き、簡易的なお別れのみですぐに火葬を行う直葬も費用を抑えることができるという点で注目を浴びています。葬儀はあくまでも故人を偲んで送り出すという意味合いのものです。