インターネット時代のオフライン 

インターネットに接続している状態のことをオンラインと言います。反対に接続していない状態をオフラインと言います。オンラインであることはメリットも多々ありますが、デメリットもあります。例えばあまりに夢中になりすぎて一日中インターネットに接続していて、遂には肉体的のみならず精神的にも支障をきたす人もいます。そのようなときオフラインの重要さが問われます。オンラインの状態では目を常に酷使しているので、遠くの山を眺めるなど目を休めることが必要でしょう。またネット上だけの交流だけではなく、実際に人と会って話すことが人間には大事です。オンラインを楽しむためにもネットに接続していない時間も同じように大切にしましょう。

オフラインでもネットに繋がる? 

インターネットに接続するには、ネットワークがオンラインになっていないと接続することはできません。一部のページをオフライン時に閲覧したい場合は、画面の保存を行っていればオフライン時でも確認することはできますが、基本的にオンラインでないと接続することは不可能です。インターネットには、膨大な情報があり、常にネットワークに接続して新しい情報を入手しています。そのため、ネットワークに接続できていない場合は、新しい情報を手に入れることができないため、ネットに接続することはできず、ネットを利用することはできません。

コンピュータ,アドレス